ハムスターのオス(雄)とメス(雌)の見分け方

 ハムスターの繁殖を考えるなら、オスとメスの見分け方を知ることが必要です。このページでは、ハムスターのオス(雄)とメス(雌)の見分け方をご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。


ハムスターの尿道口と肛門の間隔をチェック!

 ハムスターのオス(雄)とメス(雌)を見分けるには、ハムスターをそっと手で持って、お腹側から尿道口と肛門の間隔を見ます。

 このとき、尿道口と肛門の間隔が長いほうがオス(雄)です。また、成長した大人のオスのハムスターには、大きな陰嚢(いんのう=睾丸の入った袋状の器官)があります。

 陰嚢は、大人のオスにしかない器官で、メスにはありませんので、すぐにわかると思います。

ハムスターの図

 一方、メス(雌)のお腹には、オス(雄)と同じように、尿道口とその下に肛門がありますが、この尿道口とその下の肛門との間隔がオス(雄)に比べてやや短くなっているのがメスです。


尿道口と肛門の間に膣口があるかをチェック!

 メスの尿道口と肛門の間には、膣口があります。ただし、子供のメスのハムスターや、太り気味のハムスターだと、よく見ないとわかりにくいこともありますので注意が必要です。

 膣口は、メスのハムスターにしかありませんので、ここもオスとメスを見分ける重要なポイントといっていいでしょう。


ハムスターのお腹の乳頭をチェック!

 また、ハムスターのお腹には、オス、メスともに12〜14個の乳頭がありますが、大人のメスの乳頭のほうが、オスに比べて大きくはっきりと確認できることも、ハムスターの押すとメスを見分けるポイントです。

 ○当サイトの出典及び参考書籍:幸せなハムスターの育て方 [ 岡野祐士 ](大泉書店)/かわいいハムスター飼い方・育て方 [ 田向健一 ](西東社)/小動物の飼育情報満載!スモールペット飼育ハンドブック(緑書房)ほか


 当サイト、「初めてのハムスターの飼い方・育て方」では、初めてのハムスターの飼い方・育て方では、ハムスターの上手な飼い方と育て方、ハムスターの健康管理、初めてでも楽しくハムスターと暮らすための育て方のポイントをご紹介しています。

 ●当サイトのすべてのページは、サイトのページ一覧からご覧いただけます。


初めてのハムスターの飼い方・育て方・総合ページリンク

ハムスターってどんな動物?

ハムスターはちいさな夜行性動物ハムスターの魅力
ゴールデンハムスターの性格と特徴ジャンガリアンハムスターの性格と特徴
ロボロフスキーハムスターの性格と特徴チャイニーズハムスターの性格と特徴
キャンベルハムスターの性格と特徴野生のハムスターの生活と習性

ハムスターの寿命は何年?ハムスターの寿命が短いその理由ハムスターがお腹を触られることを嫌う理由
ハムスターの鳴き声と意味ハムスターの視力と動体視力
ハムスターを飼うための4つの心構えハムスターが共食いする原因(理由)と対策

ハムスターを家に迎える前に

元気で健康なハムスターの選び方ハムスターを性格で選ぶときのポイント
ハムスターを大きさで選ぶポイントハムスターを飼うための環境と条件
ハムスターの多頭飼育と単独飼育ハムスターにニオイは?鳴き声は?
ハムスターケージの特徴とメリット・デメリットハムスターのケージの選び方
ハムスターに与えてはいけない食べ物ハムスターのオス(雄)とメス(雌)の見分け方
ハムスターの巣箱の種類と選び方・設置のコツ

ハムスターの上手な飼い方・育て方

ハムスターの迎え方 … 初日〜ハムスターの上手な持ち方・触り方
ハムスターの餌の種類と選び方ハムスターの食事と餌の与え方
ハムスターの水の与え方ハムスターのおやつの与え方
ハムスターの4つの毎日の世話ハムスターの上手な慣らし方
ハムスターのトイレのしつけ方ハムスターの冬眠防止対策と寒さ対策

ハムスターの健康管理

ハムスターの病気…真菌性皮膚炎ハムスターの病気…アレルギー性皮膚炎
ハムスターの病気…ニキビダニ症(アラカス症)ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方
ハムスターのケガや病気の応急処置方法