ハムスターの巣箱の種類と選び方・設置のコツ

ハムスターの画像ハムスターの画像

ハムスターの画像ハムスターの画像

●野生のハムスターは、地面の下に巣穴を作って暮らしています。そこで、ハムスターを飼うときは、安心して過ごせる巣箱をケージの中に用意してあげましょう。

 このページでは、「ハムスターの巣箱の種類と選び方・設置のコツ」をご紹介しています。(当サイトの全てのページは、本文下のリンクからご覧頂けます。)

ハムスターの巣箱の種類と選び方・設置のコツ

ハムスターに巣箱はなぜ必要?

 野生のハムスターは地面の下に細いトンネルを掘り、そのなかに個別の部屋のような巣穴を作って暮らしています。

 地面の下に掘った巣穴の中は、たとえ地上が暑い夏でも寒さの厳しい冬でも、あまり影響を受けずに暮らすことができますし、なにより天敵の捕食動物も巣穴までは入ってくることができないので、ハムスターも安心なのです。

 飼育環境下でも、ハムスターが床材に潜り込んだり、穴をを掘るような行動をするのは、もともとそうした地下にトンネルを掘って暮らすという習性があるためです。

 そこで、ハムスターを飼うときは地下に掘ったトンネルの先にある巣穴のような、安心して過ごせる快適な巣箱をケージの中に用意してあげましょう。

 本文後半へ続く。


ハムスターの巣箱の材質による違い

 ハムスターの巣箱には、大きく分けると木製陶器製プラスチック製などがあります。また飼い主さんが手作りで巣箱をを用意するときは、木製のほか紙製の空き箱なども巣箱として利用することができます。


木製の巣箱

 自然素材の木製の巣箱は、通気性も良く温かみがあり、冬の保温にも適しています。

 また、木製の巣箱はハムスターがかじっても安心ですし、かじることで一生伸び続ける歯による不正咬合の防止にもなりますので、木製の巣箱は、ハムスターの巣箱としてもっとも優れていると考えていいでしょう。

 ただし木製の巣箱は、その材質上汚れたときに洗って使うことには不向きなので、汚れたら交換することを前提に選んでおきましょう。


陶器製の巣箱

 陶器製の巣箱は製品にもよりますが、細菌が繁殖しにくく、汚れたら洗って使うことができるものが多いので、衛生面でのメリットがあります。

 また、材質的にひんやりとした素材でできているので、夏の暑い時期にはハムスターが涼しく過ごすことができます。その反面、冬はケージ全体を暖かくして巣箱が冷たくならないように注意が必要です。

 また、素焼きの巣箱は、ハムスターがおしっこをした際に染みこんでしまうこともあるので、トイレを覚えていないハムスターに使う際には少し注意が必要です。


プラスチックの巣箱

 プラスチック製の巣箱は、汚れたら洗って繰り返し使うことができるので、衛生的に使うことができます。

 ただし、製品によってはハムスターがかじって破片を飲み込んだり、塗料片を飲み込んで体調を崩したりする可能性もありますので、頻繁にかじってしまうようなら、ほかの材質の巣箱に交換したほうが安心です。


手作りの巣箱

 ハムスターの巣箱は、市販のものだけでなく、アイデアや工夫次第で自分で手作りすることもできます。

 比較的簡単に手作りできるのが木製や紙製で、飼い主さんによっては、ティッシュの空き箱、トイレットペーパーの芯を利用して巣箱にしているケースもあります。

 とくに紙製は、もともと廃物を利用できるので安価ですし、壊れたり汚れたりしても捨ててすぐに取り替えられる手軽さがメリットといえます。


ハムスターの巣箱選びと設置のポイント

ハムスターの巣箱は狭すぎず広すぎず

 ハムスターには、床材として敷いた藁やウッドチップを巣づくりの材料として運びこんだり、餌を貯めこむ習性がありますので、あまり狭すぎるものは巣箱としてふさわしくありません。

 かといって広すぎてもハムスターが落ち着いて過ごすことができなくなるので選ぶ際には大きさに注意が必要です。

 ハムスターは、野生環境では地下に狭い巣穴(トンネル)を掘って暮らす習性があるので、ハムスターにとってある程度の狭さと暗さはむしろ安心感を与えてくれるのです。

 また、巣穴の中で毛づくろいをすることもあるので、目安としては、ハムスターが中に入って後ろ足で立てるくらいの高さと、体の3倍くらいの底面積のものを目安に選んでみましょう。


複数の巣箱を置いてみる

 野生のハムスターは複数の巣穴を使い分けているので、もしもケージの広さに余裕があるなら、ふたつ以上の巣箱を置いて、ハムスター自身に好きなように使わせてみるというのも良い方法です。

 ハムスターは人間の視線に敏感で、とくに家に来たばかりのときは巣箱の出入り口を人間に見える方に向けると落ち着けずストレスになることがあります。

 そのため、飼い主さんや家族に慣れるまで間、巣箱の出入り口を横向きに設置して、出入りを直接人の目に触れないようするのもひとつの方法です。

 また、ハムスターの巣箱は、巣箱の屋根や底が取り外せる構造のものがお手入れや掃除の時にも便利です。

 とくに動物病院に連れて行きたいのにハムスターが巣箱にこもって出てこないと言ったときに、無理やり引っぱり出さなくても済むので安心です。

●出典及び参考書籍:幸せなハムスターの育て方 [ 岡野祐士 ](大泉書店)/かわいいハムスター飼い方・育て方 [ 田向健一 ](西東社)/小動物の飼育情報満載!スモールペット飼育ハンドブック(緑書房)


 当サイトでは、ハムスターの上手な飼い方と育て方ハムスターの健康理初めてでも楽しくハムスターと暮らすための育て方のポイントをご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。


ハムスターってどんな動物?


ハムスターはちいさな夜行性動物ハムスターの魅力
ゴールデンハムスターの性格と特徴ジャンガリアンハムスターの性格と特徴
ロボロフスキーハムスターの性格と特徴チャイニーズハムスターの性格と特徴
キャンベルハムスターの性格と特徴野生のハムスターの生活と習性

● ● ●

ハムスターの寿命は何年?ハムスターの寿命が短いその理由ハムスターがお腹を触られることを嫌う理由
ハムスターの鳴き声と意味ハムスターの視力と動体視力
ハムスターを飼うための4つの心構えハムスターが共食いする原因(理由)と対策

ハムスターを家に迎える前に

元気で健康なハムスターの選び方ハムスターを性格で選ぶときのポイント
ハムスターを大きさで選ぶポイントハムスターを飼うための環境と条件
ハムスターの多頭飼育と単独飼育ハムスターにニオイは?鳴き声は?
ハムスターケージの特徴とメリット・デメリットハムスターのケージの選び方
ハムスターに与えてはいけない食べ物ハムスターのオス(雄)とメス(雌)の見分け方
ハムスターの巣箱の種類と選び方・設置のコツ

ハムスターの上手な飼い方・育て方

ハムスターの迎え方 … 初日〜ハムスターの上手な持ち方・触り方
ハムスターの餌の種類と選び方ハムスターの食事と餌の与え方
ハムスターの水の与え方ハムスターのおやつの与え方
ハムスターの4つの毎日の世話ハムスターの上手な慣らし方
ハムスターのトイレのしつけ方ハムスターの冬眠防止対策と寒さ対策

ハムスターの健康管理

ハムスターの病気…真菌性皮膚炎ハムスターの病気…アレルギー性皮膚炎
ハムスターの病気…ニキビダニ症(アラカス症)ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方
ハムスターのケガや病気の応急処置方法

 初めてのハムスターの飼い方・育て方のトップページへ

運営者情報個人情報保護の方針 リンク集

Copyright(C) 初めてのハムスターの飼い方・育て方 All rights reserved.