ハムスターの水の与え方

 体の小さなハムスターには、一日にどのくらいの飲み水を用意して、どんなことに注意すればいいのでしょう。このページでは、ハムスターの水の与え方についてご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。


ハムスターには必ず給水ボトルを

 ハムスターに水を与えるには、必ず小動物用の給水ボトルを使いましょう。その理由は、皿や据え置きの水入れを使った場合、ハムスターが中に入って身体を濡らしたり、ひっくり返してケージの中が水浸しになってしまうことがあるからです。

 給水ボトルは、水の出口の先端にあるボールを押すことで水が出る仕組みになっています。水槽タイプのケージと、金網タイプのケージとでは、取り付け方がすこし違いますので買うときに確認しておきましょう。

 ちなみに、水槽タイプのケージは、吸盤でケージの中に本体ごと取り付けることになるのですが、本体がケージ内にあるため、ハムスターがボトルをかじって水漏れすることがあります。ケージの掃除のとき、水漏れがないかこまめに確認しておきましょう。


ハムスターの1日に必要な水の量

 ハムスターは、もともとシリアやロシアの水の少ない乾いた土地で暮らしている動物ですので、生まれつき、それほど多くの水を必要としない体の構造を持っています。

 一般に体の大きなゴールデンハムスターに必要な1日の水の量は、およそ10〜30ml、ちいさなドワーフ種は5〜8mlといわれていますが、実際にはペレットフードにもわずかですが水は含まれていますし、おやつとして野菜を与えていれば、そこにも水が含まれていますので、給水ボトルの水があまり減っていなくてもそれほど心配することはないでしょう。


ハムスターに水を与える時の注意点

 ハムスターが、あまり水を飲まないとはいっても、さすがにまったく水がないと生きてはいけません。飲む量がわずかでも、毎日1回給水ボトルの水を取り替えて、いつも新鮮な水を用意してあげましょう。

 また、夏場は気温が上がり、水の劣化も早まって腐りやすくなります。もしできるなら、夏場は安全のために1日に2回水を取り替えておくと安心です。

 ○当サイトの出典及び参考書籍:幸せなハムスターの育て方 [ 岡野祐士 ](大泉書店)/かわいいハムスター飼い方・育て方 [ 田向健一 ](西東社)/小動物の飼育情報満載!スモールペット飼育ハンドブック(緑書房)ほか


 当サイト、「初めてのハムスターの飼い方・育て方」では、初めてのハムスターの飼い方・育て方では、ハムスターの上手な飼い方と育て方、ハムスターの健康管理、初めてでも楽しくハムスターと暮らすための育て方のポイントをご紹介しています。

 ●当サイトのすべてのページは、サイトのページ一覧からご覧いただけます。


初めてのハムスターの飼い方・育て方・総合ページリンク

ハムスターってどんな動物?

ハムスターはちいさな夜行性動物ハムスターの魅力
ゴールデンハムスターの性格と特徴ジャンガリアンハムスターの性格と特徴
ロボロフスキーハムスターの性格と特徴チャイニーズハムスターの性格と特徴
キャンベルハムスターの性格と特徴野生のハムスターの生活と習性

ハムスターの寿命は何年?ハムスターの寿命が短いその理由ハムスターがお腹を触られることを嫌う理由
ハムスターの鳴き声と意味ハムスターの視力と動体視力
ハムスターを飼うための4つの心構えハムスターが共食いする原因(理由)と対策

ハムスターを家に迎える前に

元気で健康なハムスターの選び方ハムスターを性格で選ぶときのポイント
ハムスターを大きさで選ぶポイントハムスターを飼うための環境と条件
ハムスターの多頭飼育と単独飼育ハムスターにニオイは?鳴き声は?
ハムスターケージの特徴とメリット・デメリットハムスターのケージの選び方
ハムスターに与えてはいけない食べ物ハムスターのオス(雄)とメス(雌)の見分け方
ハムスターの巣箱の種類と選び方・設置のコツ

ハムスターの上手な飼い方・育て方

ハムスターの迎え方 … 初日〜ハムスターの上手な持ち方・触り方
ハムスターの餌の種類と選び方ハムスターの食事と餌の与え方
ハムスターの水の与え方ハムスターのおやつの与え方
ハムスターの4つの毎日の世話ハムスターの上手な慣らし方
ハムスターのトイレのしつけ方ハムスターの冬眠防止対策と寒さ対策

ハムスターの健康管理

ハムスターの病気…真菌性皮膚炎ハムスターの病気…アレルギー性皮膚炎
ハムスターの病気…ニキビダニ症(アラカス症)ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方
ハムスターのケガや病気の応急処置方法