ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方

ハムスターの画像ハムスターの画像

ハムスターの画像ハムスターの画像

ハムスターはおよそ1歳半で老化のサインが現れ始めます。ではハムスターの老化のサインはどこで見分ければいいのでしょうか。高齢ハムスターにはどんな食事やケージ環境が適しているのでしょうか。

 このページでは、「ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方」についてご紹介しています。(当サイトの全てのページは、本文下のリンクからご覧頂けます。)

ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方

ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方

 ハムスターは、ゴールデンやジャンガリアンなど、それぞれの種類の遺伝的特質や健康状態、飼育環境によって違いがありますが、一般的にはおよそ2年〜3年でその短い一生を終えます。

ハムスターの画像

 そのため、寿命の短いハムスターは、私たちが想像する以上に早くシニア(高齢)期へと入っていきます。その目安とされるのが生まれてから1歳半を過ぎた頃

 生まれてからおよそ1年半をを過ぎたハムスターには、老化による体の変化(サイン)が表れ始めます。そして2歳くらいになると、もう立派な「お年寄り」です。

 もちろんハムスターが年老いていく速さは、さきほどご紹介したように、それぞれの遺伝的特質や健康状態、飼育環境によっても違ってきますから、生まれてから1歳半を過ぎたからといっていきなりお年寄りになるわけではありませんし、シニア食に切り替えたりケージの環境を大きく変えなければならないというわけでもありません。

 ハムスターが1歳半を過ぎた頃から、まずは日頃のお世話を通して老化によるサインが出ていないかを注意深く観察するように心がけておきましょう。

 そして、もしハムスターにそうした老化のサインが表れたら、その変化に合わせてケージの環境や食事の内容を変えていくようにしてください。

 かわいがって育てているハムスターが年老いていくのを見るのは辛いことですし、なんとかしてあげたいと思うのが飼い主さんの心情でもありますが、老化を止めることは誰にもできません。

 でも、ハムスターの高齢化に伴ってケージの環境を整えて住みやすくしたり、食べやすくて消化にも良い食事を考えてあげることで、ケガや病気を防ぐことができます。大切なハムスターが少しでも快適に長生きできるように手助けしてあげましょう。


ハムスターの老化のサイン

 ハムスターは、いろんなことが原因で体調を崩すことがあります。でも、体調が悪くなっても飼い主さんに言葉で伝えることができません。

 また、野生環境では肉食の動物にいつも狙われる立場のハムスターは、体調が悪くてもそれを隠そうとします。なぜなら、弱っていることがわかってしまうと真っ先にそうした肉食の動物に狙われてしまうからです。その習性は安全な飼育環境で暮らしているペットのハムスターでも同じです。

 そのために飼い主さんがハムスターの異変に気がついた時には、症状が相当に進んでいた…ということも少なくありません。

 とくにハムスターも高齢になると、体のあちこちが衰えて病気やケガをしやすくなります。そうした変化や異常に気づいてあげられるのは飼い主さんだけです。ハムスターが高齢にさしかかったら、とくに毎日の世話の中で注意をしてあげましょう。

 では、ハムスターの老化のサインには、どんなものがあるのかをまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

 本文後半へ続く。


体や行動に表れるハムスターの老化のサイン

  • 毛並みや毛づやが悪くなる
  • 骨が折れやすくなる・背骨が曲がる
  • 目の輝きが失われ白く濁る
  • 行動全体が鈍くなりゆっくり歩くようになる
  • 胃腸が弱くなり消化機能が衰える
  • 歯が抜ける・ほお袋に入れたものが出しにくくなる
  • あごの力が弱くなる
  • 爪が伸びすぎたままになる

 ・ハムスターの毛並みや毛づやが悪くなる

 ハムスターは、高齢になると自分で毛づくろいをすることが少なくなり、被毛の毛づやがなくなって毛並みも悪くなります。また被毛が抜けても生え変わりにくくなるので、毛が薄くなって皮膚病にもかかりやすくなります。

 ・ハムスターの背骨が曲がる

 ハムスターも高齢化に伴って骨が弱くもろくなり、背骨が曲がって前かがみの姿勢を頻繁にとるようになったり、些細なことで骨折しやすくなります。足を引きずるような動きには、とくに要注意です。

 ・ハムスターの目の輝きが失われ白く濁る

 ハムスターの目に輝きがなくなり全体に白く濁ったようになります。また、もともと低かった視力がさらに低下して、周りが見えていないような行動を取るようになります。

 ・行動全体が鈍くなりゆっくり歩くようになる

 ハムスターが高齢になると、筋肉が衰えて足腰が弱くなります。若い頃はすばしこく歩いていたハムスターも歩く速度がゆっくりになります。

 思うように体が動かないことから、動作全体も緩慢になり、回し車で遊ぶ時間も短くなります。

 ・胃腸が弱くなり消化機能が衰える

 ハムスターの老化とともに、胃腸の働きが弱くなり、それまで食べていたものが消化されにくくなります。その結果、下痢を起こしやすくなる こともありますので食事の内容にも注意が必要です。

 ・歯が抜ける・ほお袋に入れたものが出しにくくなる

 年齢とともにハムスターの歯が抜けてしまったり、かみ合わせが悪くなって食べ物がうまく食べられなくなります。その結果として食事量が減っていきます。

 また、ほお袋に入れたものが出しづらくなったり、片側のほお袋ばかりに食べ物を詰めたりするようになります。

 ・あごの力が弱くなる

 ハムスターも高齢化とともに、あごの力が弱くなり、固いものが食べられなくなります。ハードタイプのペレットをほとんど食べなくなったら要注意です。

 ・爪が伸びすぎたままになる

 ハムスターの高齢化とともに、日常的な動作が鈍くなり、忙しく動きまわることで自然に削れていた爪が削れなくなります。その結果、飼い主さんが切ってあげないと爪が伸びすぎたままになります。


ハムスターの高齢化の対応策

 さきほどご紹介したような老化のサインが見え始めたら、食事(餌)の内容とケージ内環境を見なおしてハムスターが快適に過ごせるように工夫してあげましょう。


食事(餌)の見直し

 ・消化の良い物を食べやすく

 ハムスターも高齢化とともに、歯が抜け落ちたり、あごが弱って噛む力が弱くなって固いものが食べられなくなってきます。

 若い頃、一生伸び続ける歯を食事を通して自然に削っていくために、ハードタイプのペレットを与える必要があったハムスターですが、老化の兆しが見え始めたら、徐々にやわらかく食べやすい食事(餌)に切り替えていきましょう。

 噛む力の衰え具合にもよりますが、主食のペレットは小さく砕くか、水でふやかして柔らかくしたものに変えるのも良い方法です。

 また、胃腸の働きが弱くなって、食べたものを消化するのも上手にできなくなりますので、できるだけ消化の良いものを選んで毎日の食事として与えていきましょう。

 胃腸の働きを助ける食物繊維やビタミンが豊富な野菜や果物は、すりおろして副食として用意してあげてください。ただし、老化に伴って運動量が減るので、高脂肪のものは控えておくほうが安心です。


ケージ環境の見直し

 ・段差をなくしておもちゃは外に出す

 ハムスターも高齢になると、だんだん機敏な動作ができなくなっていきます。ちょっとした段差でつまづいたり、ケージの網に足を引っ掛けたり。そうした危険を避けるには水槽タイプのハムスターケースがおすすめです。

 そしてケース内には、床材を厚めにふっくらと敷き、できるだけ段差がないようにしてあげましょう。また、エサ入れやトイレはできるだけ高低差の少ないタイプに交換して使いやすくしてあげてください。

 ハムスターも高齢化とともにおもちゃで遊ぶことが少なくなります。危険を避ける意味でもおもちゃは外に出しておくほうが安心です。また、回し車は運動量との兼ね合いもありますので高齢化の程度によって判断する必要がありますが、心臓に負担がかかるので取り外しておくほうが安心です。

 また、急激な温度と湿度の変化は体力を消耗させるため、ハムスターケージ(ケース)内の温度は、つねに一定(18℃〜25℃の範囲内)に保つようにしてあげてください。


体のお手入れと健康管理

 ハムスターも、高齢になると体の様々な機能が衰えてきて、それまで普通にできていたことがだんだんできなくなっていきます。

 とくに毛づくろいなど、もともと自分でできていたことができなくなっていきますので、いろんな場面で飼い主さんの手助けが必要にななってきます。

 そして、とくに気をつけたいのが日頃の健康管理。ハムスターは言葉で伝えることができないので、病気やケガにいち早く気づくことが大切です。


 ・ハムスターの被毛のブラッシング

 高齢になって消化機能が衰えたハムスターは新陳代謝も緩慢になります。その影響が現れるもののひとつが、ハムスターの被毛の状態です。

 被毛の毛づやがなくなり、またハムスター自身の毛づくろいの回数も減るため、皮膚の病気にもかかりやすくなります。無理強いはいけませんが、皮膚病予防のためにハムスターが嫌がらない限り、週1回くらいを目安にブラッシングを考えてみましょう。

 基本的には、小動物用のグルーミングブラシや人間用の柔らかい歯ブラシを使い、毛並みに沿ってブラッシングをします。ただし、ハムスターの皮膚はとても薄く傷つきやすいので、不安なときは無理をせず、獣医さんに方法を聞いてから行ってください。


 ・ハムスターの爪切り

 ハムスターの高齢化に伴って、日常的な動きも少なくなることで、それまで忙しく動きまわることで自然に削れていた爪が伸びがちになります。

 伸びすぎた爪をそのままにしておくとケガの原因になるので、飼い主さんが程よい長さに切ってあげてください。

 爪を切るときは、ハムスターの体を手の平でそっと保定して、人間の赤ちゃん用の爪切り、もしくは小動物用の爪切りで、爪の先端の血管の通っていない部分をそっと切り落とします。

 ハムスターの爪には途中まで血管が通っていますので、深爪をすると出血するので、不安なときは獣医さんにお願いするほうが安心です。


 ・毎日の健康チェックと健康診断

 高齢で体力が衰えてくると、どうしても病気にかかりやすく、また治りにくくなります。気づかずに放置していると間違いなく深刻化します。毎日の健康チェックを欠かさないこと、できれば獣医さんに相談して定期的に健康診断を受けるなどして、病気やケガの予防と早期発見に努めましょう。

●出典及び参考書籍:幸せなハムスターの育て方 [ 岡野祐士 ](大泉書店)/かわいいハムスター飼い方・育て方 [ 田向健一 ](西東社)/小動物の飼育情報満載!スモールペット飼育ハンドブック(緑書房)


 当サイトでは、ハムスターの上手な飼い方と育て方ハムスターの健康理初めてでも楽しくハムスターと暮らすための育て方のポイントをご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。


ハムスターってどんな動物?


ハムスターはちいさな夜行性動物ハムスターの魅力
ゴールデンハムスターの性格と特徴ジャンガリアンハムスターの性格と特徴
ロボロフスキーハムスターの性格と特徴チャイニーズハムスターの性格と特徴
キャンベルハムスターの性格と特徴野生のハムスターの生活と習性

● ● ●

ハムスターの寿命は何年?ハムスターの寿命が短いその理由ハムスターがお腹を触られることを嫌う理由
ハムスターの鳴き声と意味ハムスターの視力と動体視力
ハムスターを飼うための4つの心構えハムスターが共食いする原因(理由)と対策

ハムスターを家に迎える前に

元気で健康なハムスターの選び方ハムスターを性格で選ぶときのポイント
ハムスターを大きさで選ぶポイントハムスターを飼うための環境と条件
ハムスターの多頭飼育と単独飼育ハムスターにニオイは?鳴き声は?
ハムスターケージの特徴とメリット・デメリットハムスターのケージの選び方
ハムスターに与えてはいけない食べ物ハムスターのオス(雄)とメス(雌)の見分け方
ハムスターの巣箱の種類と選び方・設置のコツ

ハムスターの上手な飼い方・育て方

ハムスターの迎え方 … 初日〜ハムスターの上手な持ち方・触り方
ハムスターの餌の種類と選び方ハムスターの食事と餌の与え方
ハムスターの水の与え方ハムスターのおやつの与え方
ハムスターの4つの毎日の世話ハムスターの上手な慣らし方
ハムスターのトイレのしつけ方ハムスターの冬眠防止対策と寒さ対策

ハムスターの健康管理

ハムスターの病気…真菌性皮膚炎ハムスターの病気…アレルギー性皮膚炎
ハムスターの病気…ニキビダニ症(アラカス症)ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方
ハムスターのケガや病気の応急処置方法

 初めてのハムスターの飼い方・育て方のトップページへ

運営者情報個人情報保護の方針 リンク集

Copyright(C) 初めてのハムスターの飼い方・育て方 All rights reserved.